論理と感情

新型コロナウイルスのオミクロン株の感染が広がってきたようです。
厚生労働省の発表で、1月4日時点での全国陽性者数は1,151人で、年末の28日が316人でしたので、3.6倍になっています。しかしながら、この3.6倍というとすごく増えたような気がしますけど、本当でしょうか!?

分母が316人で分子が1,151人で計算するなら、確かに3.6倍なんですけどね。ただ増加数としては835人です。これだ31,600人から115,100人になったら増加数は83,500人です。この場合は増加数も考慮しなければいけないんです。

2020年2月からの累計で18,389名の方がお亡くなりになりました。この数字だけを見ると多いと思う人が結構いるのではないかと思います。ではインフルエンザはどうなんでしょうか。クリニックフォアグループのサイトにインフルエンザでの死亡者数が書かれていましたので、その数字を引用すると、
2019年にインフルエンザが直接的な原因でお亡くなりになった方は3,575人。
インフルエンザが原因で慢性疾患等が悪化してお亡くなりになった方は約1万人程度。
と書かれています。ということは、インフルエンザ関連死のほうが新型コロナウイルス関連死より多いということになります。

ということは、新型コロナウイルスよりインフルエンザのほうが危ないということになるんです。

とはいえ、人間には感情があります。身近な人が新型コロナウイルスでお亡くなりになった方もいらっしゃるかと思います。その人は新型コロナウイルスは怖いものと感じます。それは十分理解できますし、ご冥福をお祈りいたしますが、生き物は必ず死を迎えます。これに例外はないんです。ただ死因が新型コロナウイルスだっただけなんです。

感情を否定することもないですし、私も感情的になります。が、今回の新型コロナウイルスにまつわるマスコミは視聴者の感情に訴えて騒ぎ立てることばかりしているようです。これに惑わされず、冷静になって、適切に行動することが必要だと思っています。
そういう意味で、まず政府は第2類相当から第5類相当に変更すべきだと考えます。

ぜひ、論理的思考を忘れずに行動してもらいたいなと。
今日、沖縄の知事が非常事態宣言云々というニュースを聞いて、これは書かないといけないなと思って書いちゃいました。

関連記事

  1. 事業復活支援金の応募が開始されました

  2. 直った理由がわからないとモヤモヤします

  3. コンプライアンスに反しない豆まき・・・そんなのって・・・

  4. カレンダーに合わせて壁紙の写真を変更するには

  5. 初詣と今年の目標

  6. 怪しいはがきが到着