ミスをどう考えるのか ― 日本人気質

今回もマイナンバーに関する話です。

twitterを見ていたら

というのを見つけ、yahooニュースを読むことに。
で書いてあることにものすごく納得しています。簡単に言うと、初っ端にはミスがつきものだから、そういうことには目をつぶって使えるように改良していこうということですね。

でこのミスに厳しいところなんですが、これは日本人の気質にも関係するのではないかと感じています。なにせ「神は細部に宿る」ですからね。細かいところに気遣うところは長所なのですが、それにこだわりすぎると短所となってしまいます。

中小製造業の社長さんもそう。自社製品を開発するのですが、いつまで経っても試作品止まりで製品が完成しません。
試作品を周囲の人たちに見せたり使ってもらったりして意見や感想をもらいます。その意見・感想は重要なのですが、試作→評価→改良の無限ループに陥ってしまうのです。

はじめから完璧なものはありえない。世の中に出てそこから改良を加えていくと割り切ることも必要なのです。
まあ、割り切りすぎて製品未満のものを世の中に出すのも問題ではあるのですが。

関連記事

  1. マイナカード騒動 その3

  2. そんな理由があったんだ!?

  3. 新型コロナウイルス ドタバタ劇としか思えないんです

  4. お雑煮の話

  5. 事業復活支援金の応募が開始されました

  6. 事業再構築補助金第4回の採択結果が公表されました

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com